Animereal

覇権アニメと京都アニメーションが大好きな人のブログ

「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」を見たので感想書くよ!ネタバレ有

f:id:aritsuidai:20190424101623j:plain

 「響け!ユーフォニアム」シリーズの最新作の映画「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」見てきました。残念ながら特典は配布終了していてもらえませんでした。

 思ったことを書き連ねているのでネタバレがさらっと登場します。ご注意ください。

アバンとOP

 アバンは久美子と秀一のシーンから。アバンからクライマックスと言いますか、TVアニメを見ていた人からすればやはり気になる二人の関係性。久美子の反応はいかにも久美子っぽい台詞でああ響け!ユーフォニアム始まったなと思うとともに、二人の関係が明示されたのはとても嬉しい。そして始まるOP。

 

 OPで描かれたのは春。新1年生が心ワクワクさせながら高校へと向かう通学路。そのワクワクさは、これから劇場版が始まるワクワクさと一体化してワクワク感がさらに高まります。

 そして吹奏楽部の勧誘演奏。1年前の演奏は久美子が「だめだこりゃ」と言ってしまうレベルでしたが、全国大会に出場したメンバーにはどこか自信のようなものが見えた気がしました。

 正直言うと、このアバンとOPが私の中では最高潮というか、ワクワク感が一番強かったです。本編ももちろん面白かったのですが、アバンとOPの映像のワクワク感は随一だと思います。

新1年生と尺

 低音パートには4人の新1年生が入ってきました。みんな個性的でわかりやすいキャラクター性を持っていて非常によかったです。

 ただ4人全員にそれぞれエピソードがあって、それをきちんと描いているため尺が足りないなというのが大きな印象。

 

 そもそも劇場版の2時間で久美子の2年生の1年間を描いているためTVアニメと比べるとだいぶ凝縮した感じ。忙しい人向けかなと思ってしまうほどギュッと詰め込んだ作品で、それはそれでサクッと見ることができるし、次々と起こる問題に飽きも来ないから楽しめるのですが、TVアニメ1期2期をリアルタイムで追ってきた身からするとやはり尺が足りない。

 尺が足りない中でも、TVアニメで描いた1年間のイベントの中で大事なポイントは今回も描くという気合いが垣間見えてそれはそれでよかったですね。お祭りや山での演奏、そして水着回。1年前とは少し違っているのがやはり比較することができて面白い。

夏紀ちゃん!

 響け!ユーフォニアムで一番の推しが中川夏紀なのですが、今回も夏紀は素晴らしかった。

 そもそもどうして夏紀が好きかというと、TVアニメ1期で久美子というユーフォ上手な子が入ってきて、大会出場メンバーを実力で選ぶことになった時、久美子にそこまで嫉妬せず自分なりの努力をして、メンバーに入れなくてもきちんと先輩らしさを保ち続けて吹奏楽部を支える夏紀ちゃんが天使すぎて推せる。こんないい子現実にはいませんよぉ・・・と思うぐらいによくできた夏紀ちゃん。

 それこそ夏紀の担当楽器のユーフォは、圧倒的主人公の久美子と、圧倒的キャラクターのあすか先輩という巨大な存在がいます。その中で埋もれることなく努力をして周りを気遣って頑張り続ける夏紀の姿は尊い

 そんな夏紀にまたも試練。新しく入ってきた奏も久美子と同じく吹奏楽経験者でユーフォの腕前は自分より上手い。劇場版ではあまり夏紀は描かれなかったけど、きっとまた上手い後輩が入ってきたよと思っていたはず。それでも3年生になり最後の大会となる中で、負けないぞという強い意志を持って練習してきたことを考えるだけでも泣けてしまいます。

 奏との一悶着があった時も夏紀らしい強さと気遣い、そして悔しさが溢れていてほんとこんな素晴らしい子いないよぉ・・・と思うほどです。

大会

 響け!ユーフォニアムの醍醐味といったらその演奏。今回も素晴らしかった。

 しかしTVアニメ版では練習風景が多くて、課題曲の一部を何回も聞いたりして注目するポイントが提示されていて、曲がよくわからない人でも、ああここ練習で演奏していた場所だ!とか思ったものですが劇場版では練習風景はあまり描かれないためどこに注目したらいいんだろうという感じで、少しぼんやりと聞いている感じになってしまった。

リズと青い鳥

 映画を見ていて特に思ったのが「リズと青い鳥」見返さないといけないなってこと。時系列は同じ作品でも「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」は久美子たちが主人公で久美子の周りでの出来事が中心、「リズと青い鳥」はみぞれと希美の関係が中心で、この2作品を見ることによって久美子2年生編をより理解できることになるんだろうなと。

 「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」の演奏シーンでみぞれと希美のパートがありましたが、あれを見ると「リズと青い鳥」見返さなくちゃ!と強く思いますね。

おわりに

 先にも述べましたがTVアニメ1期2期で久美子の1年生を描いた中で、久美子の2年生を劇場版一作品で描き切るのはやはり尺が足りない。Twitterでお見かけした「存在していないユーフォ3期前半クールの総集編」の言葉がしっくりくるほどです。

 ただ「リズと青い鳥」の存在によって、この劇場版ユーフォは完成しているのかなと思う感じでした。やはり「リズと青い鳥」を見返さないといけなさそうです。

 タイトルに「フィナーレ」とあるため久美子3年生編が描かれるのかどうか気になるところですが3期期待しています。

 入場者プレゼントのコースター欲しいので2週目か3週目かもう一回見に行こう・・・。

スポンサードリンク