Animereal

覇権アニメと京都アニメーションが大好きな人のブログ

物語に救いは必要-第5話感想【ドメスティックな彼女(ドメカノ)】

TVアニメ「ドメスティックな彼女(ドメカノ)」第5話

f:id:aritsuidai:20190210124754j:plain

2019冬アニメ「ドメスティックな彼女(ドメカノ)」第5話の感想です。

スポンサードリンク

 

瑠衣と柏原もも

f:id:aritsuidai:20190210124811j:plain

 陽菜姉の不倫騒動も一件落着したと思いきや早速新たな物語へ突入。瑠衣の前に登場した柏原もも。バッグに大量の人形をつけていて瑠衣にもさっそくプレゼント。

 しかし女の子たちからは男をひっかえとっかえしていると噂されており評判は悪い。それでも瑠衣は自分の目で判断するとクールビューティな対応。本人に6Pの噂も聞くあたり瑠衣っぽい。柏原さんのほうは真剣に付き合いたいと思っていてもなかなかうまくいかないみたい。それだけでも何か問題抱えてるんだろうなと分かるわけだが瑠衣の前ではまだその問題は見当たらず仲のいい友達として接していく。

夏生と柏原もも

f:id:aritsuidai:20190210125223j:plain

 夏生に迫る柏原もも。瑠衣にはすでに夏生くんと付き合いたいと公言。瑠衣と柏原さんも真っすぐなところが似ているようにも見えるけど全体的な雰囲気は真反対にも見える人物像で不思議な感じ。

 仲良くなっていくのかと思いきやさっそく柏原のお部屋へ直行。そのままやるのかと思ったが柏原さんにリスカの跡。今は違うと言っていたけどそんなことよりこの「ドメカノ」はやっぱりすごいうというか。アニメや漫画ではむしろ描かない本当の闇をリアルに描写していてかつ空気が重くならないよう救いも入っていて絶妙なストーリー性が素晴らしいと思いました。

 wikiでいろいろ見ていると時間と成長をけっこう使っていて夏生たちがどう成長していくかもっと見たくなってしまいました。

 結局付き合うという結果には至りませんでしたが、ドメスティックな彼女はほんと現代に蔓延るリアルな暗い側面をできるだけリアリティのまま、しかし重くならないよう描き出しているのはすごい。アニメーションになってそれはなお強くなるというか漫画は白黒ですがアニメでは色も相まってできるだけ明るい色合いを使っているのかなとも思いました。

スポンサードリンク