Animereal

覇権アニメと京都アニメーションが大好きな人のブログ

【風が強く吹いている】14話感想「1人じゃない」【2018秋アニメ】

第14話「一人じゃない」

「風が強く吹いている」第14話見ました。今回はその感想。

スポンサードリンク

 

日焼け

f:id:aritsuidai:20190125105639j:plain

14話より/©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会

色というのはそのキャラクターのイメージを印象付ける上でとても重要な要素となっていて、それ故にキャラクターの色を変えることはあまりしない。どんなに炎天下の中、自転車をこぎ続けても、どんなに真夏にプールで泳いだとしても肌の色が変わらないのがアニメの世界。

この「風が強く吹いている」もそうなのかなと思っていましたが、がっつり日焼けしたみんなの姿がここにはあった。特に顕著なのはキング、ジョージ、ジョータ、カケル、そしてハイジ。ユキと王子はあまり肌の色に変化がない様子。焼けない体質というか彼らが日焼けすると肌の色は黒というより炎症みたく赤色になるんですよね。

まあ次回には肌の色戻ってると思いますけど、肌の色を変える作品というのは貴重。

王子

f:id:aritsuidai:20190125110435j:plain

14話より/©三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会

何回も記録会に出ているも公認記録を出せないでいる王子。少し前までは当たり前だろみたいな雰囲気だったが自分だけが出ていないことで悔しさがにじみ出ているのかユキがまだ次があると言っている場面での王子の表情はすごい男前。

なんだかんだ最後の記録会で公認記録を出した王子ですが、本当の闘いはこれから。予選会でどんな走りを見せてくれるのか楽しみ。

スポンサードリンク