Animereal-覇権と京アニ-

覇権アニメと京都アニメーションが大好きな人のブログ

【色づく世界の明日から】12話感想「文化祭!」【2018秋アニメ】

第12話「光る光る この一日が光る」

「色づく世界の明日から」第12話見ました。今回はその感想です。

スポンサードリンク

 

文化祭

 f:id:aritsuidai:20181222130504j:plain f:id:aritsuidai:20181222130729j:plain

12話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

文化祭当日。マジックアートイリュージョンは大盛況で大忙し。胡桃が作った魔法写真美術部のTシャツも良き。千草がダサいと評していましたが胡桃の「このダサさが青春っぽい」というのはとてもよく分かる。

写真部の展示の中で千草が撮った写真の中に胡桃の写真が展示してありさりげない演出だけど好き。

あさぎの恋

f:id:aritsuidai:20181222130800j:plain f:id:aritsuidai:20181222130751j:plain

12話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

あさぎは時間が残されていない瞳美を想い、瞳美と唯翔の二人で少しの時間でもいいから文化祭を回ってほしいと考え将に相談する。将くんがいいならという何気ない攻撃は将に効いているだろうか。

2人の恋物語は結局進まずに終わりを迎えそうですが「自分に自信が持てるようになったら」と少しずつあさぎが前を向いている姿は美しい。

瞳美と唯翔

f:id:aritsuidai:20181222131135j:plain

12話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

2人で文化祭を回る瞳美と唯翔。お化け屋敷で唯翔が瞳美の手を握る流れは自然だしお化け屋敷を出て自然と手を離すシーンは光の演出もあってきれい。このまま時間が止まればいいのにと思う。

唯翔は瞳美に想いを伝えず。どうして言わないんだよ!と思いますが将と千草の会話の中で「唯翔は想いを伝えることは迷惑になるんじゃないか」とか余計なこと考えていそうとさりげない解説があってなるほどなと。

花火の色

f:id:aritsuidai:20181222131438j:plain f:id:aritsuidai:20181222131442j:plain

12話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

二日間の文化祭が終わり後夜祭。琥珀はサプライズで大きな花火を打ち上げる。そして瞳美は魔法写真美術部のみんなといることによって得られた幸福感によって花火の色を知覚した。

瞳美が感じる「嬉しくてあたたかくて懐かしい気持ち」。それは「幸せ」。母がいなくなってから幸せを心から感じられなくなった瞳美だったが魔法写真美術部との日々、そして文化祭の満足感・達成感によって心から幸せを感じた時、瞳美は花火の色を見ることができたということだろうか。

花火というと第1話のお祭りの時にもあがっていましたがここにきて再度花火があがりそして色を見るという流れは素晴らしい。そして花火や瞳美の作画が本当にすごい。

いつまでも消えない恋という花火

f:id:aritsuidai:20181222131916j:plain

12話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

いよいよ別れの時。

琥珀から「心残りはない?」と聞かれて瞳美は思う。心残りが一つだけあるとするならいつまでも消えない恋という花火。急にポエム。

ここで12話終わりなんて来週まで待ち遠しい。

どんな結末が待っているのか13話が今から楽しみです。

 

色づく世界の明日から Blu-ray BOX 1

色づく世界の明日から Blu-ray BOX 1

 

スポンサードリンク