Animereal

覇権アニメと京都アニメーションが大好きな人のブログ

【あかねさす少女】11話感想「傲慢な優等生の百合物語」【2018秋アニメ】

第11話「優等生」

「あかねさす少女」第11話見ました。今回はその感想。

スポンサードリンク

 

あすか

f:id:aritsuidai:20181211131523j:plain f:id:aritsuidai:20181211131524j:plain

11話より/©Akanesasu Anime Project

黄昏の使者は私と共に来ればこの世界を黄昏にはしないといい明日架を黄昏へと導こうとする。なぜ黄昏の使者の明日架は明日架を連れて行こうとしているのか。

黄昏の使者曰く黄昏の王は自然の摂理そのもの。使者はクラッカーをつかいその流れを円滑にさせるための存在らしく、平行世界がなくなることになんの意味があるのだろうか。

優等生の優

f:id:aritsuidai:20181211132107j:plain f:id:aritsuidai:20181211132111j:plain

11話より/©Akanesasu Anime Project

黄昏の使者によって明日架は黄昏空間へと連れ去られてしまう。しかし優が本音を言ったとき、その手には円盤が。あれ、カセットテープじゃないの?と思ったけどそもそもエロ優に渡された変身アイテムが違う形状でしたね。

イコライザーとなった優は明日架を救出。優の本音がまさかな展開だったけど、よくよく考えればエロ優が明日架LOVEだったんだから優等生の優が明日架LOVEなのは全く持って不自然ではなくむしろなぜそう思わなかったのか。

黄昏の使者が生み出す敵に悪戦苦闘する明日架と優でしたがクロエたちも駆けつけなんとかひと段落。そして黄昏の使者との直接対決か?と思いきや明日架は黄昏の使者と一緒に行くことを決意する。その真意とは。

一気に物語が進むけれどいまだに明日架は変身せず。そして空から振ってきた明日架の剣は誰が投げたのか。明日架は自分の世界を守ることができるのか。そしてシリアスカは本当にもういないのか。いろいろな謎が残る中、最終回をどう描くのか。楽しみです

スポンサードリンク