Animereal

覇権アニメと京都アニメーションが大好きな人のブログ

【あかねさす少女】10話感想「消えたシリアスカと黄昏の使者」【2018秋アニメ】

第10話「うそつきの宴」

「あかねさす少女」第10話見ました。今回はその感想。

スポンサードリンク

 

消えたシリアスカ

f:id:aritsuidai:20181204134938j:plain

10話より/©Akanesasu Anime Project

 

シリアスカの世界から逃げ帰ってきた明日架たち。しかしそこにシリアスカはいない。シリアスカの世界に飛ぼうとするもエラー。たぶんシリアスカの世界は黄昏の力によって消されてしまったのだろう。

エロ優も一緒に帰ってきたがシリアスカは黄昏に飲まれたと残酷な現実を明日架に伝える。

空元気な明日架

f:id:aritsuidai:20181204135131j:plain

10話より/©Akanesasu Anime Project

シリアスカの一件以来学校に顔を見せなかった明日架だが空元気になって現れる。クロエは落ち込んでいるより空元気なほうがいいんじゃないかと優に言うと、優は10年前今日平が消えた事件の時と同じ感じがすると心配する。

10年前今日平がいなくなった直後、明日架はみそ屋を継ぐと言い出した。今までちくわ屋と言っていたのに。そして今回もシリアスカがいなくなってからクラッカー退治に行こうと考える。

明日架の両親が進路についてみそ屋を継ぐのは義務じゃないみたいなことを言っていたけど今日平が行方不明になってから明日架が言い出したから気にしているのだろう。

タクミ

f:id:aritsuidai:20181204135540j:plain

10話より/©Akanesasu Anime Project

明日架たちの世界にやってきたタクミ。タクミは早く迎えに来て欲しいと願う。本当のタクミから身体を奪っていることに罪悪感を抱き、自分の世界に戻りたいと願うタクミ。そんなタクミに明日架は大丈夫と声をかけるも希望を抱かせすぎるのはよくないと優と言い合いになってしまう。

黄昏の使者

f:id:aritsuidai:20181204135742j:plain

10話より/©Akanesasu Anime Project

優と喧嘩した明日架は今日平の幻覚に連れられ海辺へとやってくる。そこに現れる黄昏の王。と思いきや自身のことを黄昏の使者と名乗る。その顔は明日架であり、つまるところロリアスカ?黄昏の王は別にいるとしたらやっぱり今日平としか思えないのだけどどうして使者が明日架なのか。まだまだ謎は深まるばかり。

それにしてもどう見ても今日平の姿にコートをかぶっていたのにコート脱いだら中の服装も全く違うんだからなんだかな。

スポンサードリンク