Animereal

覇権アニメと京都アニメーションが大好きな人のブログ

【ツルネ -風舞高校弓道部-】5話感想「合宿!入浴!立ち順!」【2018秋アニメ】

第5話「矢の使いで」

「ツルネ -風舞高校弓道部-」第5話見ました。第5話は合宿回。マサさんの狙いは男子弓道部のチームワークを高めること。そのためにマサさんは彼ら5人に下僕として多くの仕事をさせ一緒に同じことをする時間を作り上げる。その甲斐あってか彼ら弓道男子は親睦を深めていく。そんな第5話。何度見ても尊い。今回はその感想。

スポンサードリンク

 

下僕の朝は早い

f:id:aritsuidai:20181127100843j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

早朝4時にマサさんに起こされる男子弓道部。布団の位置は湊と静弥、海斗と七緒が横になっているのが好き。静弥の寝起きは悪く起きているのか寝ているのかよくわからない顔つき。静弥の寝起きが悪いことを知っている湊、そして知らなかった七緒たち。

今回はそんな知らない姿を知るという描写がとても多く、なんとなく集まった男子弓道部たちから同じ男子弓道部へとまとまっていく姿は尊い弓道の的をつけている場面でも七緒がスマホと弓以外持たない主義であることや、静弥が完璧主義者であると語られており、個性や性格が描かれている。

買い物

f:id:aritsuidai:20181127102328j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

スーパーとホームセンターに買い物を頼まれる下僕たち。途中、七緒が2組にわかれて買い物したほうが早いと提案。スーパーは七緒、海斗、湊でホームセンターは遼平と静弥。遼平がどうして俺らがホームセンター?と聞くと七緒は「湊は料理ができるから、遼平と静弥はきゅうりとズッキーニの見分けもつかなさそう」と七緒は案外みんなのことを見ているようだ。

お肉売り場で七緒と湊の会話。七緒が「鳴宮って実はしっかり者?」と聞いていてまた一つ知らない姿に気づく七緒。湊は七緒に「小野木は俺のこと嫌ってるんだろ」と聞くと「かっちゃんは嫌いな人基本スルーだから気にしてるってことは間違いないけど」と海斗の知らないところがまた一つわかる。

七緒が被っている帽子は海斗が誕生日プレゼントでくれたもので七緒が野球好きだと知っていて野球を知らないのにわざわざ買いに行ってくれたと海斗と七緒の仲の良さも明かされ海斗はけっこう友達想いなんだろう。湊のことはまだ信用できないけど遼平のことは信用できると言っていたし海斗は仲間に対して絶大な信頼を寄せるタイプなんだろう。

そして上の画像の場面。七緒は湊に対する海斗の態度について「今後君への態度が軟化するかもしれないししないかもしれない」と言うと湊は牛バラカルビとスペアリブ(骨付きポーク)を両手に持ち「どっちなんだよ」と問いかける。七緒はカルビと指さすも湊はスペアリブ(骨付きポーク)を差し出す。七緒の「ちょっ信じてないだろ」とスペアリブをカゴに入れる。

f:id:aritsuidai:20181127103555j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

その後海斗がやってきて「お、スペアリブじゃん、さすが分かってるな七緒」。まさか湊が逆の肉を渡してくることを計算してカルビを指さしていたのだとしたらさすが七緒さんパないっす。

そのあとは何肉が好きか話で3人は言い合いしていましたが、そういう違うものが好きなんだという描写もあってそれぞれの個性が本当によく描かれている第5話。尊い

スポンサードリンク

 

川落ち→入浴回

f:id:aritsuidai:20181127104427j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

合宿の思い出に写真を撮る七緒たち。しかし風が吹いて七緒の帽子が飛ばされてしまう。結果帽子は拾うことができましたが湊と海斗が川に落ちて水浸し。川臭さをとってこいとお風呂に行く。そう、入浴回。神かよ。

f:id:aritsuidai:20181127104606j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

脱ぎ方にも個性があって静弥と七緒は両手をクロスにさせて服の裾から一気に上にあげて脱ぐタイプ。遼平はまず両手を脱いでから服を脱ぐタイプ。ちなみに遼平は七緒や静弥よりも肌が焼けている。というか七緒と静弥が白すぎるのか。

f:id:aritsuidai:20181127105148j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

先に入浴している海斗と湊。海斗は湊の傷をちらっと見て視線を逸らす。少しずつ親睦が深まっているとはいえさすがに傷についてはまだ触れない。海斗が無神経な人でないことが伺える。海斗はどうして帽子をとりにあんな無茶したんだと湊に聞く。湊は「俺なんかに七緒が話をしてくれて嬉しかったんだ。桐先の時はもっとドライだった」とここで初めて湊と静弥が桐先出身であることが明かされる。

f:id:aritsuidai:20181127105453j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

「どうして桐先から風舞に」と聞かれ静弥が喋り出そうとするより前に湊が「学費とか早気のことがあって」とみんなに伝える。そんな姿に静弥は驚いていた。きっと七緒が自分のことを話してくれたのが嬉しかったのか湊もまた自分のことを話していて仲良くなったなーと。

静弥はなんで?と聞かれて湊を追っかけてでしょと冗談交じりで言われるも「そうだよ」と。静弥の想いが重すぎる。でもこうして男子弓道部が5人集まって団体戦出られてよかったねと遼平のポジティブ思考で空気は良い。まさに裸の付き合いってやつだけど、入浴シーンをきちんと持ってくるのがさすが京アニさん。

マサさん

f:id:aritsuidai:20181127105846j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

夜のBBQ。朝と夜とじゃ距離感が変わってるなと蓮。マサさんについても彼らと一緒にいるときのお前は楽しそうだとマサさんにも変化があることが語られる。蓮さんの役割がちょいと見えづらかったですが写真によって朝と夜とで関係性が変化していることをわかりやすく伝えるためとしてはいい存在感。

今後も出番あるのだろうか。

スポンサードリンク

 

立ち順

f:id:aritsuidai:20181127110846j:plain

f:id:aritsuidai:20181127110852j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

翌日、トミー先生がやってきて男子弓道部の立ち順を発表する。一番目から海斗、遼平、静弥、七緒、そして最後は湊。この順番には意味があるのかマサさんも「これがいいんだ」と強く推していました。

明確な理由はトミー先生曰く「トップシークレット」のことで不明ですが、自分が最後かと考えている湊のシーンで海斗の力強い背中が描かれていました。桐先の時は湊は常に一番目だったのかまた違った光景があって新鮮味を感じていそう。海斗は部長タイプではないけれどみんなを引っ張っていく力強さがあるから一番手なのだろう。

2番目の遼平は未経験者だからってのと海斗に引っ張ってもらおうという狙いがあるように思う。3番目の静弥は5番目の湊と離すためか、それは4番目の七緒も一緒で「かっちゃんと離れちゃった」と言っていました。そして最後は湊。「自分ですべてが決まる」とも言っていて主人公という立ち位置だからというのもあると思いますが、みんなのために引くという想いがもしかすると早気をなおす近道なのかもしれないなと思いました。

ジャージ

f:id:aritsuidai:20181127110803j:plain

5話より/©綾野ことこ・京都アニメーション/ツルネ製作委員会

そして風舞弓道部のジャージが完成。緑を基調としていますが青緑や薄い緑、黄緑など少し珍しい色合い。弓道場は緑があふれているので緑色から少しズラそうという意図を感じる。最後は仲良く5人で写真撮影。

第5話は情報量が多いというか彼らの距離感がぐっと近づく出来事がたくさんちりばめられていて何度見ても新たな発見があって非常に素晴らしい回でした。

正直ぱっとしないかなと思っていたんですがこれでようやく男子弓道部の絆ができ始めて県大会予選へと駒を進めていく感じか。次回も楽しみだ。

スポンサードリンク