Animereal-覇権と京アニと脚-

覇権アニメと京都アニメーションと脚が大好きな人のブログ

スポンサードリンク

【色づく世界の明日から】7話感想「胡桃と千草と合宿と」【2018秋アニメ】

第7話「ヴィーナスの重荷」

「色づく世界の明日から」第7話見ました。今回はその感想です。

スポンサードリンク

 

いろ

f:id:aritsuidai:20181117130409j:plain

7話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

前回の最後に一瞬だけ色を取り戻した瞳美。すぐにその色は失われてしまい、どうして色が戻ったのかを琥珀と考える。理由は分からないけど、色を取り戻したことによって瞳美がさらに積極的になり始める。瞳美が引っ込み事案なのは色が失われているから。色を取り戻した彼女はきっと色づく世界で鮮やかに咲くんだろうなと思う。

胡桃の姉

f:id:aritsuidai:20181117130929j:plain

7話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

胡桃のお姉さんが登場。パティシエになるために海外留学をしたお姉さんを見てきた胡桃。目標に向かって進み続ける姉と夢がない自分とを比較して落ち込んでしまう。

お姉さんだけでなく、将や葵もまた夢に向かってよい顔をしていて自分はやっぱりと落ち込む。比較をすることじゃないんだけど、どうしても比較をしてしまうのは人間の性なんだろう。それこそ写真でいろんな表情を撮ってきた胡桃からすれば、余計にみんなの顔を見て自分はと考えてしまいそう。

合宿回

f:id:aritsuidai:20181117130739j:plain

7話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

学校は夏休みに突入。夏のイベントといえば合宿。残念ながら水着回ではないみたい。

写真を撮ることがメインだから海で遊ぶわけにもいかないか。

合宿のタイミングで次期部長が決まるみたいで新しい部長はあさぎ。そして副部長は瞳美。3年生が引退したら部員半減というか男子千草だけになるね。

千草の想い

f:id:aritsuidai:20181117131548j:plain f:id:aritsuidai:20181117131554j:plain

f:id:aritsuidai:20181117131602j:plain

7話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

今までもそして今回も相変わらず胡桃をいじり倒す千草。しかし第7話では千草の表情はどこか無表情というか考え事をしている感じのワンシーンが増えていました。

思い悩む胡桃を見て千草は何を想うのか。千草と胡桃はいつも楽しくしているけど、よく考えれば第一声はいつも千草からだったかもしれないね。

千草がこの高校に入ったのも、そして魔法写真美術部に入っているのもつまりはそういうことなのだろう。

葵の画

f:id:aritsuidai:20181117131932j:plain

7話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

瞳美に見せられる絵が描けたとタブレットを見せてくれる葵。

今回の画は多くの色彩が使われていて、原色を中心にした色使い。丸の中には様々なものが描かれいて、黄色の丸には瞳美の瞳が描かれていたり、紫色の丸には琥珀が描かれていたりと葵が見てきた色を詰め込んだような画。その色に手を伸ばす姿は瞳美に色を見て欲しいと思う葵の心情の現れか。

胡桃の変化

f:id:aritsuidai:20181117132456j:plain

f:id:aritsuidai:20181117132505j:plain

7話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

落ち込んでいた胡桃だったが千草の言葉で前を向くようになる。走りながら背景が色鮮やかに変化していく演出は最高です。豪華客船はいってしまったけれど、街はきれいに色づいていて、進み続ける豪華客船は胡桃の姉、そして今ある街並みは胡桃のように感じました。

告白

f:id:aritsuidai:20181117132744j:plain

7話より/© 色づく世界の明日から製作委員会

色を一瞬取り戻した瞳美。それから今ある景色はどんな色なのだろうと考えるようになり、色が見えないことをみんなに伝えようと決意した瞳美。

そして次回予告。最後に胡桃が「時よ戻れ」と言っていますが、すでに過去にやってきているのにさらに時を戻してしまうんですか? 気になる次回のサブタイトルは「ほころびのカケラ」。あー気になる。

スポンサードリンク