Animereal

覇権アニメと京都アニメーションが大好きな人のブログ

【RELEASE THE SPYCE】6話感想「初芽とテレジア」【2018秋アニメ】

第6話「友情の報酬」

「RELEASE THE SPYCE」第6話見ました。今回はその感想。それではいきましょう。

※第6話までのネタバレを含みます。

スポンサードリンク

 

身バレ

f:id:aritsuidai:20181113141643j:plain

6話より/©SORASAKI.F

内通者によって初芽がツキカゲのメンバーであることがモウリョウにバレてしまった。モウリョウはテレジアを初芽の通う学校へと送り込む。しかしテレジアと初芽は過去に面識がある様子で。

白虎

f:id:aritsuidai:20181113141801j:plain

6話より/©SORASAKI.F

3話であっさり敗れ捕まった白虎。ずっとツキカゲにいるんだろうなあと思っていましたが、やはり帰る居場所を失って行く当てのない状態になりました。

白虎はそもそもある程度の強さを持っているから、もしかするとツキカゲの一員になったりするかもしれないですね。だとしたら誰の弟子になるのでしょう。

接触

f:id:aritsuidai:20181113142125j:plain

6話より/©SORASAKI.F

初芽に接触するテレジア。初芽の回想で二人の過去が明かされていましたが、初芽が友達友達とうるさいのは小さい頃に海外に住んだことによって友達が一人もいなくて寂しかったことが影響しているのだろうか。

そしてその異国の地ではじめて友達になったのがテレジアだからこそ、彼女に対する想いも人一倍強い。

初芽とテレジアが想いをぶつめる場面でとっさにテレジアの手を舐めるモモ。仲直りしたいと思う味でも感じたんでしょうか。どんな味なのやら。

昔仲良くしていた二人が数年の月日を経て敵として再開する作品は多く、どちらかが死んだりするケースもありますが、この二人の場合はどうなるのか。

キービジュアルで初芽が傷だらけになっていましたし、無傷では終われないかと思いますが果たして。

スポンサードリンク

 

内通者

f:id:aritsuidai:20181113142546j:plain

6話より/©SORASAKI.F

テレジアの登場や初芽との接触で内通者がいるのではないかと疑い始める雪。ツキカゲの個人情報を知っているのはカトリーナとツキカゲの現役メンバーだけのはず。

ツキカゲを支援する財団がどうして知ったのか、あるいはこの中に内通者がいるのかとカトリーナさんは言っていました。初芽はこの中に内通者なんているわけないですよと否定的。

内通者はいったい誰なのか超気になるが考察を見ても色々な意見があって絞り切れず。主人公的立ち位置のモモやその師匠の雪ではないだろうと思っていますが、逆をついてくるパターンもありますから油断はできない。3話あたりまでは初芽が一番怪しいと思っていたけど今回の件で外れましたし、さて誰が内通者なのか。

文鳥の女

f:id:aritsuidai:20181113142524j:plain

6話より/©SORASAKI.F

Cパートで文鳥の女の素顔が判明。刀を使っていることや、瞳の描き方がどことなくツキカゲのメンバーたちと似ている。

もしかしてこの文鳥の女さん過去にツキカゲにいたんじゃないの?とか思って調べているとどうやら小説版リリスパに登場しているキャラクターでは?と噂されていました。

ツキカゲにいた人たちは記憶を消して日常に戻っていくという話がどこかの回であったと思いますが文鳥の女も日常に戻った後にモウリョウに入ったということでしょうか。

初芽と五重の不穏なキービジュアルが気になってドキドキな第6話でしたが、次回こそあのシーンがやってくるのかどうか。楽しみだけど不安も多い。

スポンサードリンク