Animereal-覇権と京アニと脚-

覇権アニメと京都アニメーションと脚が大好きな人のブログ

スポンサードリンク

音楽少女2話から見る入浴シーンの隠し方~水滴を使った演出~

はじめに

 2018夏アニメの『音楽少女』。

 主人公・はなこがアイドルグループ「音楽少女」と出会いアイドルを応援したいと考え、音楽少女とともに成長していく物語。はなこが音楽少女に加入するのかと思いきや応援したいという気持ちから事務所のお手伝いをするとは新しいアイドルアニメの予感がします。

 新しすぎて主人公のはなこちゃんがVTuverになってしまうのだからマルチに活動していく音楽少女に目が離せないところです。一応動画張り付けておきます。

www.youtube.com

水滴の演出

 そんなアニメ「音楽少女」ですが第2話に入浴シーンがありました。そこでの演出が新しく、かつ素晴らしいものだったので紹介したい。

f:id:aritsuidai:20180715201439g:plain

 はなこがお風呂に入っている場面。浴槽からシャワーへ移動するはなこですが、一般的なアニメなら謎の光が一本入りそうなシーン。しかし「音楽少女」は違いました。

 はなこがバスチェアに向かって歩いていき座るシーン。はなこのお尻を隠すように水滴で垂れています。いろいろなアニメを見てきましたが、水滴で隠すのは見たことがないです(あれば教えて)。それこそ隣に座っている箕作沙々芽のお尻にはお風呂場の湯気がかかっていて、一般的な隠し方はこちらだろう。

 正直第2話を見ていて、ちょっと思っていたのと違ったので見るのやめようかと思っていたところにお風呂シーン、そしてこの水滴の演出に最後まで見てみるかという気持ちになりました。最後まで見た結果やっぱり見なくてよかったかなとも思いましたけど。

f:id:aritsuidai:20180715201955g:plain

 さらにこの水滴のシーンより少し前のシーン。箕作沙々芽が立ち上がりバスチェアへと移動していくシーンでは湯気や水滴を使わずに移動する様を描き切っていて、制作スタッフの気合を感じ取りました。こういった思わず唸るシーンをライブシーンで出てくるといいんですけどどうなることやら。

隠す手法

 今やアニメでは必ずどこかでお風呂や銭湯、プール、海といった肌の露出が高いシーンが描かれるのが一般的になりました。では音楽少女以外の作品はどういった手法で隠しているのか。音楽少女と同時期に放送している2018夏アニメの中からいくつか紹介しておこう。

f:id:aritsuidai:20180715202312j:plain

  一つ目は「ぐらんぶる」。大学のダイビングサークルが舞台の作品で、登場人物はすべて二十歳以上()。第1話は酒と裸ばかりで本当に面白かった。そんなぐらんぶるの隠し方は黒い丸。野郎どもは謎の光で隠すより黒い丸のほうが似合うのかもしれません。それにしてもこの隠す気がまったくない描き方には思わず笑ってしまいました。

f:id:aritsuidai:20180715202408j:plain

 二つ目は「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」。圧倒的謎の光によって見えるものも見えないよ。第2話ではおっぱいで始まりおっぱいで終わっていき、このアニメすごいの一言です。謎の光が使われているのはこのワンカットぐらいだと思いますが、第3話以降もこういったシーンが出てくるのかちょっと楽しみではある。

f:id:aritsuidai:20180716155738j:plain

 ラストは「ゆらぎ荘の幽奈さん」。こちらは全身煙で見えないようになっています。ブルーレイなら少しは煙も薄くなるのでしょうか。

 他の作品はきちんとタオルを巻いていたり、水着を着用しているため隠す手法は見当たりませんでした。

 見せないための工夫はいろいろあって、クロムクロではキャラクターの奥に全裸のキャラクターを配置して前面にいるキャラクターの動きで奥の全裸をうまく隠していました。

おわりに

f:id:aritsuidai:20180715204800g:plain

 日本のアニメは本当に素晴らしく、規制が多くある中でここまで躍動感あるシーンを描いたりしています。こちらは「この素晴らしい世界に祝福を!2」の第9話でのワンシーン。音楽少女の第2話の水滴の演出を見て、思い出したのが隠しつつも動くめぐみんの姿。

 アニメ業界は本当に大変な状況にあると聞きますが、それでもこういった素晴らしい作品が出てくるのですから今後も応援していきたいと思います。