animereal

アニメの話

「2018春アニメ」23作品の1話を視聴したから感想をちょろっと書く

f:id:aritsuidai:20180413152016p:plain

 2018春アニメ。アニメイトの一覧では70作品ほどあるそうですが、そのうちの23作品の1話を視聴しましたので、それぞれ感想をちょろっと書きます。作品によっては2話、3話と継続視聴しています。そこも踏まえて書いてあります。ではどうぞ。作品の紹介順は順不同です。

目次

1.魔法少女 俺

http://magicalgirl-ore.com/core_sys/images/main/top/modal_img.jpg

TVアニメ「魔法少女 俺」公式サイト

 タイトルにもある通り、魔法少女作品。主人公はもちろん女の子ですが、魔法少女に変身すると男の姿になる謎の作品。魔法少女や変身ものでよくお目にするマスコットキャラクターはどう見ても外見が893のおじさん。そのおじさん曰く強い姿にした結果だそうだ。コメディ要素は強く、画風もわざと崩した感じが一昔前のアニメのような印象を受けました。2話で二人目の魔法少女が誕生したけど、どういった話になっていくのか気になるところ。あと、魔法少女になった後は声優が男性になるため男性の外見で男性の声だけど中身は女の子の思考回路、という不思議な状況で声優が試されているのは面白い。

2.PERSONA5 the Animation

http://p5a.jp/assets/img/top/kv/kv.jpg

SPECIAL - PERSONA5 the Animation

 ペルソナ5のアニメ。ゲームはしたことない。ペルソナ4のアニメを見ていたのでペルソナ作品の基本は把握しています。5では主人公たちが怪盗団として活躍しているそうですが、いきなり逮捕されて回想はじまって衝撃。このまま回想チックに話は進んでいくのでしょうか。最初からクライマックスかっこいいとか思っていたのに、1話アバンに向かってストーリーは進んでいくのか。ペルソナシリーズの敵は相変わらず狂気に満ち溢れていて好きです。

3.実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ-

https://pbs.twimg.com/media/DMjKj17VAAAmcFP.jpg

アニメ 実験品家族 公式アカウント (@jikkenhin) | Twitter

 中国のアニメーション制作会社が制作しているアニメ「実験品家族」。マッドサイエンティストな両親によって改造された子供たちの話。1話の最初からまさかの実写が始まって、えぇ・・・となりつつも本編は良い感じでEDまで体感あっという間でした。と思ったら。まさかのED後から再び始まる実写パート。衝撃的でしたがまあ斬新なアニメということで面白かった。声優の口からショタショタショタ連呼されているのも良き。アニメパート、実写パートともに注目です。

4.3D彼女 リアルガール

f:id:aritsuidai:20180413111813j:plain

TVアニメ「3D彼女 リアルガール」公式サイト

 ストーリーは好きも嫌いもなかった。気になるところといえば話と話の隙間がわかりづらくて、話が飛んでいる印象を受けた。ツイッターで反応を見ていると演出が合わないなという意見を見かけて、それだーと共感。ストーリーは良くても魅せ方が合わないと見続けるのは難しい。実写映画化も決まっていて注目度は高そう。

5.立花館To Lieあんぐる

f:id:aritsuidai:20180412210320j:plain

TVアニメ「立花館To Lieあんぐる」

 ラッキースケベ作品。ラッキースケベというと、主人公の男性がヒロイン達のセクシーなシーンを目の当たりにするシチュエーションのこと。この作品では主人公が女性となっている。それもそのはずで原作は「コミック百合姫」に連載中作品。つまり百合漫画。1話7分のショートアニメなのが少し残念。ただ30分間永遠にラッキースケベシチュで話が進むと思うと逆に7分ぐらいがちょうどよいのかもしれない。1話では主人公が新たな地へやってきた話のみで、登場人物もまだまだよくわからず、2話以降も見ていきたい。

6.多田くんは恋をしない

f:id:aritsuidai:20180412211115j:plain

TVアニメ「多田くんは恋をしない」公式サイト

 タイトルからして少女漫画原作かなと思っていたらオリジナルアニメでした「多田くんは恋をしない」。「月刊少女野崎くん」の制作チームが手掛けており、野崎くんでもOPを担当したオーイシマサヨシさんが今作品でもOPを担当しています。タイトルには「恋をしない」とあるけれど、キャッチコピーは「この恋を、一生忘れない」とあり、どういった恋物語になるのでしょう。1話は外国から日本へやってきた女の子テレサと多田くんが出会う回でした。恋愛作品というと、純愛から血みどろ三角関係までいろいろあるけど、このアニメはどういった路線をひた走っていくのか楽しみ。制服のカラーリングが緑なのがポイント高めです。キービジュアルは新緑、1話では桜が描かれていました。自然の色合いもうまく合わせた作品になればいいなと妄想が膨む1話でした。

7.宇宙戦艦ティラミス

f:id:aritsuidai:20180412212419j:plain

TVアニメ『宇宙戦艦ティラミス』公式サイト

 SFギャグアニメで、7分のショート。本当に残念思考の主人公は見ていて愉快。何も考えずに見るのが良いアニメです。1話はPVやキービジュアルにも描かれている串カツの話。なにやってんだか・・・と思ってしまうアホな行動を面白おかしく笑えるか、シラケてしまうかはあなた次第。わたしは面白おかしく見ることができました。

8.こみっくがーるず

f:id:aritsuidai:20180412213113j:plain

TVアニメ『こみっくがーるず』公式サイト

 今期のきらら枠は現役漫画家さんがみんな揃って寮生活の日常ギャグ。ネガティブな主人公をはじめとした、男の子がうまく描けない、動物ものを書きたいがティーンズラブを書いてる、キャラクターになりきってしまうと一癖も二癖もある漫画家たちと楽しい日常ライフが描かれた作品で癒されます。寮生活ということで、いつでもどこでも一緒というのは良いですね。2話からは学校が始まるようで、学校と寮生活をどのくらいの割合で描いていくのか気になるところです。

9.ウマ娘 プリティーダービー

f:id:aritsuidai:20180412142247j:plain

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」キービジュアル第3弾 [画像ギャラリー 1/1] - コミックナタリー

 アニメ制作会社P.A.WORKSの最新作はなんと競走馬擬人化アニメ。原作はソシャゲ。競馬には詳しくないですが、それでも聞き覚えのある馬がちらほらいます。擬人化にあたって、特徴を捉えたキャラクターになっているのか気になりますね。キービジュアルを見た時、なぜだか「アイマスっぽいな」と思ってから好印象を持っていて、第1話、第2話と面白く見れました。ウマ娘たちを育てていくトレーナーさんは、某作品における提督、プロデューサーといった立ち位置らしく、このアニメでもトレーナーが出てきます。また、優勝馬はウイニングライブといった素敵なステージを披露することができ、豪華な衣装を身にまとい、ほぼアイドルみたいです。たくさんのキャラを出すソシャゲ特有の悩みというか、登場するウマ娘が多すぎてキャラの名前を覚えるのが一苦労です。

10.あっくんとカノジョ

f:id:aritsuidai:20180412152720p:plain

TVアニメ「あっくんとカノジョ」

 3分のショートアニメ。3分の中でも話がいくつか入っていて、ショートショートすぎるだとは思うけど漫画原作は1ページ1話なのでこういったテンポがちょうど良さそう。彼女にブスだのどっかいけだのツンツンしすぎなドライ彼氏だけど実は彼女が大好きで溺愛。カノジョの方は彼氏の辛口を全く気にしていない。どうやって付き合い始めたのか気になりますね。3分はお手軽に見られるためとても良い。

11.Caligula -カリギュラ-

f:id:aritsuidai:20180412141612j:plain

『カリギュラ』TVアニメ2018年4月より放送開始 | アニメイトタイムズ

 ジュブナイルRPGゲームが原作とのことで、第1話のラスト、主人公がわけのわからない状況になった時に放った台詞「誰か説明してくれよ」がまさに視聴者にも当てはまるほど謎に包まれた1話。主人公が心理学大好きで心理学の本を至る所で読んでいるのは好感が持てました。中には自分が持っている心理学の本と同じ装丁もあったので、もしかしたらすべて現実に売っている本なのかもね。著者名もはっきり書かれていましたし。現実世界で心理学用語をぺらぺらと喋られたらちょっと・・・とは思ってしまいました。

12.かくりよの宿飯

f:id:aritsuidai:20180412151418j:plain

TVアニメ『かくりよの宿飯(やどめし)』公式サイト

 あやかしが見える体質の葵があやかしが棲む世界に攫われ、元の世界へ戻るためにいろいろする話。葵は大学生らしく、主人公が二十歳前後の年齢というのは珍しい。ほとんどの作品は中学生や高校生が一般的ですからね。祖父が残した借金を返すためにあやかしの世界で働くことを決意し料理のお店で働いていくそうですが、これがまさかの連続2クールらしい。しかし1話から作画に不安を覚えてしまうあたり、大丈夫だろうかと心配です。九尾キャラがいるのですが、変化の能力で女性にもショタにもマスコットにもなれるので超便利!

13.あまんちゅ!~あどばんす~

f:id:aritsuidai:20180412161434j:plain

TVアニメ「あまんちゅ!~あどばんす~」公式サイト

 1期は少しだけ見ていました。まさか2期が来るとは思わずビックリです。2期では互いに成長した主人公たちがさらなる高みへと昇っていくのかなと思いますけど、とにかくあまんちゅは作画がきれい。1話を見てどうして1期見ていなかったのだろうと後悔しました。後悔したところで1期を見るかはわからないんですけどね。1話からサービスシーン盛りだくさんで期待大なあまんちゅ2期です。2期は見続けたい。

14.ルパン三世 PART5

f:id:aritsuidai:20180412213354j:plain

アニメ「ルパン三世PART5」公式サイト

 ルパン三世はテレビスペシャル作品しか見たことがなく、テレビシリーズを初めて見たんだけどPART5面白そうです。敵が仕掛けたルパン・ゲーム。SNSに参加している1億人、その内のアクティブ1000万人が常にルパンを監視する。いまの監視社会を見事に使った作品で期待大です。テレビシリーズは興味がなかったですが、これを機に見たいですね。

15.美男高校地球防衛部HAPPY KISS!

f:id:aritsuidai:20180412213658j:plain

「美男高校地球防衛部HAPPY KISS!」公式サイト

 美男高校地球防衛部がまたアニメ化するとは思いもしなかったけど、まさかの新シリーズ。目指せ〇リキュアでしょうか。どうしても初代の方が良かったなと感じてしまうのは仕方がないか。特に変身衣装は初代の方が好き。HAPPY KISSの衣装は魔法使いや妖精をイメージしているのかな。地球防衛部といえば主人公たちの名前が温泉地で、HAPPY KISSでは修善寺、霧島、和倉、万座、道後、指宿、宇奈月、白骨と今作も聖地巡礼が捗りそう。ストーリー的には王子様の後継ぎ争い。ハッピー主義VS恐怖政治ということで、ハッピー主義という言葉はそれはそれで恐怖を感じます。

16.されど罪人は竜と踊る

f:id:aritsuidai:20180413121113j:plain

TVアニメ「されど罪人は竜と踊る」公式サイト|TBSテレビ

 魔法と呼ばれていた力を新たな技術体系によって得た世界の話。タイトルにもあるように竜が出てきて、1話では竜を狩っていたけどメインストーリーは竜とは関係なさそう? どこの国の話か知らないけど主人公の相棒の名前がギギナで言いにくい。他にもジヴーニャ、ニドヴォルクと濁音のオンパレード感で、名前の癖が強い。世界観がわからないことだらけなので、1話では主人公が懇切丁寧に会話の中で説明をたくさん入れてくれます。助かる。

17.ありすorありす

f:id:aritsuidai:20180413140205j:plain

TVアニメ『ありすorありす』公式

 3分のショートアニメ。シスコン兄と双子の妹のほんわか日常作品でTHE平和なアニメ。毎週の癒しとしておすすめ。キービジュアルを見る限り登場人物は他にもいるようです。登場人物が増えすぎて逆に双子の登場が少なるならないことを祈ります。

18.ラストピリオド ―終わりなき螺旋の物語―

f:id:aritsuidai:20180413134231j:plain

TVアニメ「ラストピリオド」公式サイト

 ゲームアプリが原作の「ラストピリオド」。ソシャゲ原作のアニメ化で一番の問題はどういったストーリー展開にするかだと思います。このアニメ「ラストピリオド」では主人公たちが所属している第8支部の資金が何者かによって奪われ窮地に立たされるところからスタート。とにかく再建しようと主人公たちは今日もクエストをこなしに赴いていく、みたいなストーリーでしょう。主人公ハルの隣にいるちょこはメタ発言役なのか、第8支部の扉が閉ざされているシーンで、「詫び石はよ」と言い始めたりソシャゲをしている人にはクスッと笑えるシーンが散りばめられています。特に、敵対組織とのバトルでは敵が★5ランクの強敵を出してきたため、ぼくたち勝ち目ない!と焦るところに不思議な力で助っ人を呼び出すイオナというキャラが登場します。いわゆるガチャ。この作品の通貨はゼルと呼ばれ、〇〇ゼルまでなら出せるとガチャをお願いしますが、「通貨は円でしかできない」とお断り。こういったソシャゲ脳の演出が2話以降も出てくることを期待したい。

19.鹿楓堂よついろ日和

f:id:aritsuidai:20180413173543j:plain

TVアニメ『鹿楓堂よついろ日和』公式サイト

 甘味処を舞台にしたアニメ。メインキャラの声優が第一線で活躍している男性陣で特にきれいな声作りをされていて聞いていて心地良い。甘味処へやってくる人たちの悩みをうまく解決していくストーリーらしいですが、キービジュアルの後ろにいる二人はどう関わってくるのか。なんとなく見たけど面白そうです。着物姿は良いけど色数が少なくシンプルすぎないかと心配。甘味処も落ち着いた色合いで料理が映えるけれど、地味な感じにならないか不安なところです。

20.ヒナまつり

f:id:aritsuidai:20180414235218j:plain

TVアニメ『ヒナまつり』公式サイト

 キービジュアルだけだとストーリーが全く不明。ヤクザと超能力少女のハートフルな日常コメディでした。超能力少女のヒナは異世界からやってきたのでしょうか。正体がいつしか暴かれていきそうですけれど、ヤクザとのかかわりは面白い。だがしかし、ヒナが学校に行きたいと言い出して学校に行かせることができるヤクザの新田さん何者? 超能力少女の正体も気になるけど新田のすごさにも注目したい1話でした。

21.Lostorage conflated WIXOSS

f:id:aritsuidai:20180415111036j:plain

TVアニメ『Lostorage conflated WIXOSS』公式サイト

 セレクターシリーズ第1期は見ていましたが、闇のバトルは見ていて心が疲弊するので2期は見なかったのと、このロストレージシリーズも1期の数話だけ見て止まっていました。カードゲームを題材にした作品にしては、ストーリーにかなり力が入っていて、人間の希望と絶望をうまく描いていると視聴してないけど思っています。今作では主人公が変ロストレージ1期の主人公やセレクターシリーズの主人公も登場。第1話を見てルリグの闇を感じ取って見ていくのはつらいなーと思ってしまいました。

22.レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~

f:id:aritsuidai:20180416094123j:plain

TVアニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」

 レイトンシリーズの新作アニメ。レイトン教授シリーズは何作かゲームでプレイしていましたが、謎は面白いは大泉さんと堀北さんの声がマッチしすぎて非常に好きだった思い出があります。このアニメではレイトン教授の娘が主人公。声優もゲーム版とは異なり有村架純から花澤香菜に変更されています。とすると今後レイトン教授が出てくることがあっても声は大泉洋ではないのかと不安です。正直レイトン教授の弟子のルークも出てきてほしいのですが、堀北さんは芸能界の活動をいましていないので絶望そうです。レイトンシリーズの謎は難しいものが多い印象ですが、第1話では1話完結の軽い謎でした。といってもあのテンポでヒントを出されてもわかりません。1話完結の謎も良いですが、もっと難しい謎も今後出てくることを願っています。ミステリー好きにはおすすめ。

23.ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

f:id:aritsuidai:20180415112346j:plain

TVアニメ ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

 SAOシリーズのスピンオフ作品。スピンオフであることは知っていたけど、まさかSAO書いてる人とは違う人が書いてるとは知らなかった。ガンゲイル・オンラインのwebラジオ「ガンゲイル・オフライン」を聴いていたら、銃器の説明者として原作者呼びました!時雨沢先生です!と出てきたので「えっ、川原先生が書いてるんじゃないの!?」と衝撃。まさかの「キノの旅」原作者の時雨沢先生がこのスピンオフ作品を書いていたなんて。期待大で第1話視聴しました。ピンクの色合いが戦場で目立つ目立つ。そんな色で大丈夫なの?と思ってしまうほどのピンク。1話は魅せるメインで説明は極力ない。2話以降からが本番って感じで気持ち的には0話の間隔。2話以降も楽しみに見ていきたいと思います。

おわりに

 以上、2018春アニメの23作品の第1話を見てきました。いつもなら気になった15作品程度の第1話を見て最後まで見続けるのは10作品ぐらいあればいい方。今回第1話をたくさん見たら意外と面白いじゃんって作品が多く、2話以降も見たいと思うと時間が足りなくて困ります。しかも2018春アニメは70作品近くあるそうなので、これでもまだ半分も見れていない。追いたいけどこんなにアニメあったら全部追えないよ・・・ってことで、今期もがんばってアニメを楽しんでいきたい。

 おしまい。