Animereal-覇権と京アニと脚-

覇権アニメと京都アニメーションと脚が大好きな人のブログ

【15作品】全話視聴した異世界アニメ一覧【感想】

2018/8/20更新

異世界アニメ

 ここ数ヶ月、異世界アニメ、特に主人公が異世界に転生するストーリーにハマって色々と一挙見してきたのでその感想を書いておきます。ついでにリアルタイムで視聴していた作品についても書きました。

 作品の紹介順は視聴順。まずはリアルタイムで見ていた作品から紹介、リアルタイムで見ていたためすでに記憶が曖昧なところもありますが、記憶とはそういうものです。

目次

スポンサードリンク

 

織田信奈の野望(2012年7月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/10/99/8/10998_1_1.png?1427216400000

織田信奈の野望のアニメ見放題 | dアニメストア

 「異世界」という単語を聞くと、私たちが知らないファンタジーな世界を想像するのですが、この「織田信奈の野望」は、主人公が戦国時代にタイムスリップする話。といっても、タイトルにあるようにそこにいたのは織田信長ではなく織田信奈。戦国武将たちが女性として登場し、おもしろい作品だったと記憶しています。この時はまだ異世界といった単語はあまり耳にしていなかったな。といっても私がアニメにハマったのがこの頃ですので、仕方ないのかもしれません。

 織田信奈の野望で、記憶にあるのは金田朋子さんという強烈な声優を知ったということでしょうか。強気な女性たちを見たい方にはオススメです。

はたらく魔王さま!(2013年4月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/10/79/6/10796_1_1.png?1427216400000

はたらく魔王さま!のアニメ見放題 | dアニメストア

 異世界アニメといえば、日本にいる主人公がどこか知らない異世界に行く展開が定番ですが、この「はたらく魔王さま!」は異世界に住む魔王や勇者が、ここ日本の地にやってくる話。勇者に敗れた魔王が逃げてきた地が日本なのだが、魔王の力は失われ、仕方なくフリーターで食いつなぐ日々。そこへ勇者もやってきて・・・という流れの話で、異文化コミュニケーションなところもあって面白い。戦闘という感じではなく、ただただ毎日を生き抜いていく感じが良かった。たまに魔王や勇者の力を解放して問題を解決するけど、そこが話のスパイスとなって異世界の者であることを再認識させてくれるのも面白いです。今思うとヒロインが二人なのが少なく感じるかも。他にもいたっけ?

ノーゲーム・ノーライフ(2014年4月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/11/26/0/11260_1_1.png?1427216400000

ノーゲーム・ノーライフのアニメ見放題 | dアニメストア

 天才ゲーマーの兄妹、空と白が異世界に飛ばされる話。その異世界はすべてがゲームで決まる世界。天才ゲーマーの名にふさわしく、数々のゲームを二人の頭脳で突破していくのだが、その突破する方法もユニークで面白い。特にこの「ノーゲーム・ノーライフ」は色使いが良く、ゲーム時の幻想的な雰囲気の色合いは見ていて飽きません。

 ゲームで倒した敵が味方になる展開はよくあるものですが素晴らしく、特に最終回で明らかになるこの世界の到達点は非常に面白い着眼点だと思いました。2期を期待していたのですが、続報はないので絶望的でしょうか。映画・・・?なにそれ?

この素晴らしい世界に祝福を!(1期2016年1月~2期2017年1月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/20/52/5/20525_1_1.png?1452233041000

この素晴らしい世界に祝福を!のアニメ見放題 | dアニメストア

 異世界転生アニメと言えば必ず名があがる人気作「この素晴らしい世界に祝福を!」。主人公カズマは若くして死んでしまうが、異世界に転生して魔王を倒すため勇者となる。そこに愉快な仲間たちが加わって、、、。タイトルのセンスがまず抜群だよね。素晴らしい世界と言っておきながらどこが素晴らしいのかよくわからないけど。

 魔王を倒すために物語は進んでいくけど、基本は毎日をゆるーく生きていく感じで日常的なゆるさが作画にもうまく表現されていて、普通なら作画崩壊と呼ばれてしまう画も「このすば」にかかれば見事な表現方法になるのがすごい。あと最近の作品の多くは俺TUEEEEだけど「このすば」は強い面もあるけどとにかくみんなポンコツ。それでも困難を突破していくのだから面白いに決まってる。とにかく異世界転生アニメを見たいと思ったらまずこの作品を見てほしい。そんなアニメです。

スポンサードリンク

 

灰と幻想のグリムガル(2016年1月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/23/6/21236_1_1.png?1477279858000

灰と幻想のグリムガルのアニメ見放題 | dアニメストア

 さきに紹介した「この素晴らしい世界に祝福を!」は異世界転生の中でもコメディ要素が強く、なんだかんだ異世界を明るく楽しく、そして上手く生き抜いていますが、この「灰と幻想のグリムガル」は異世界転生の現実を教えてくれる作品。主人公たちは前世の記憶を持たず、異世界グリムガルで目を覚ます。そこで冒険者となりゴブリンをはじめとするモンスターを退治して生計を立てていくわけですが、ゴブリン一匹を倒すにのにも命がけ。リアルに異世界転生したらこういった現実が待ち受けているのだろうなと感じさせてくれる作品です。ネタバレになりますが、誰か死にます。ただアニメを見終えてからあの死を考えると、ヒロインを登場させるための起点のようにも思えて、作品の盛り上がりとしての必要な死にも感じ、創作物における死の使い方を考えさせられました。現実的な異世界転生を見たい方にお勧めです。

異世界食堂(2017年7月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/64/4/21644_1_1.png?1504683005000

異世界食堂のアニメ見放題 | dアニメストア

 異世界転生ではないですが、異世界とつながったとあるレストランの話。正直なところ料理アニメはあまり興味がないのですが、この異世界食堂はレストランにやってくる異世界の住人たちがどういった暮らしの中で、この異世界食堂と出会うかまでのストーリーが非常に面白く、これもまた異世界の住人から見れば、日本のレストランは異なる世界ですので、その異文化コミュニケーションがまた面白い。異世界の住人たちにも臆することなく接しているレストランのマスターも魅力の一つです。異世界の世界観が好きな方であればハマること間違いなしでしょう。

異世界はスマートフォンとともに。(2017年7月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/65/7/21657_1_1.png?1499839202000

異世界はスマートフォンとともに。のアニメ見放題 | dアニメストア

 異世界転生アニメの問題作。とまでは言わないかもしれませんが話題になった作品。異世界スマートフォン持っていくの面白そう!とリアルタイムで見ていましたが2話切り。後に一挙見しました。画像にもあるようにヒロインいっぱいの主人公モテモテ作品で、さらに俺TUEEEEであっさりと問題解決するのが基本。そもそも異世界に転生する時に神様と出会いますが、普通に会話して現実を受け入れる主人公のメンタルつよすぎる。とにかく俺TUEEEEの異世界転生といったらこれでしょうね。全く苦労をしらない主人公。いいと思います。原作だとほかにもヒロインがいるようで、どんだけヒロイン登場させてんだと突っ込みを入れたくなります。

ナイツ&マジック(2017年7月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/66/0/21660_1_1.png?1498471202000

ナイツ&マジックのアニメ見放題 | dアニメストア

 ロボットオタクの日本人が、ロボットが存在する異世界に転生してロボット作っちゃう話。良く言えばテンポがよく、悪く言えば展開が早すぎるアニメで、これもまた俺TUEEEEで問題を解決することがあります。といっても、主人公は努力家でその努力によって富と栄誉を勝ち取っていく姿はかっこいい。ロボットの戦闘シーンは迫力があってそこもまた素晴らしいです。ロボット×異世界といえばこの「ナイツ&マジック」でしょう。タイトルにあるようにロボットと魔法を組み合わせた技も非常に面白く、2期をしてほしいものです。難点と言えば途中からOPに入ってくるSEと、話の展開の早さから、ロボットのフィギュア発売のテンポが遅すぎた、ということでしょうか。ただやはり主人公のエル君はかっこいいし可愛いし最高ですね。

 

ーーーー以下、ここ2カ月で一挙見してきたアニメの紹介ーーーー

 

Re:ゼロから始める異世界生活(2016年4月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/20/87/3/20873_1_1.png?1458878572000

Re:ゼロから始める異世界生活のアニメ見放題 | dアニメストア

 なんの前触れもなく異世界へと飛ばされ、さらに自身が死亡すると時間を巻き戻す能力を得る少年が主人公。いわゆるタイプリープ作品。異世界転生ものとしても、タイムリープものとしても面白い。そして魅力溢れるキャラクター達。異世界の世界観、設定も素晴らしく人気出ないわけがないと思える作品。死ぬことによって時間が巻き戻る能力は、「死」と「生」を強く意識させてくるため、途中主人公は心を閉ざしたり、逆に自暴自棄になったりと主人公が葛藤する回は絶望的でどう展開していくのか気になったけど、自暴自棄になる回は話が進まなさ過ぎて少し退屈しながら見ていました。それでも最後まで見る価値はあると、心から言える作品。見る前からレムというキャラがかなり人気を聞いていましたが、作品を視聴すると確かにレムが人気になる理由がわかります。異世界アニメの中でも非常に評価も高いですし、2クールとボリュームがあるのでオススメです。

ログ・ホライズン(1期2013年10月~2期2014年10月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/11/31/7/11317_1_1.png?1427216400000

ログ・ホライズンのアニメ見放題 | dアニメストア

 気付いたら自身がプレイしていたゲームによく似た世界へと飛ばされ、その地で生き抜く物語。この「ログ・ホライズン」の面白いところは死がないこと。仮にHPが0になって死んでも生き返ります。ゲームでは当たり前のシステムがこの異世界でも適用され、何度死んでも生き返る。「死」を奪われたことにより、「生」をないがしろにする人も作品では描かれていて「生」について考えさせられる作品かも。

 死がないという特徴の他に、ゲームの世界には必ずいるモブが大地人と呼ばれ、この異世界に飛ばされてきたプレイヤーを冒険者と呼ぶのも面白い。冒険者同士の対立はもちろん、冒険者と大地人との対立も描かれ、独特な世界観をより一層魅力あふれる世界にしてくれています。1期2期合わせて50話と超大作ですので時間がある方にお勧めしたい。3期も期待したいけど諸問題でもうないかな。

幼女戦記(2017年1月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/54/3/21543_1_1.png?1489131002000

幼女戦記のアニメ見放題 | dアニメストア

 「異世界はスマートフォンとともに。」や「ナイツ&マジック」と同時期に放送されていた「幼女戦記」。「ナイツ&マジック」と同じく、異世界に転生する話で、主人公が俺TUEEEであったり、容姿が幼い、魔法がある点など似ているところもちらほら。といってもストーリーや世界観はだいぶ異なり、戦時下の中、幼女が無双する物語です。

 異世界に転生させられるまでの話もまた興味深く、神が出てきます。あれ、「異世界はスマートフォンとともに。」でも神様いたような。この3作品が同時期に放送されていたことを考えると、異世界転生は一つのジャンルとして確立してきているということでしょうか。

スポンサードリンク

 

まおゆう魔王勇者(2013年1月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/10/73/6/10736_1_1.png?1427216400000

まおゆう魔王勇者のアニメ見放題 | dアニメストア

 原作者は「ログ・ホライズン」と同じ人。「ログ・ホライズン」と同じく、異世界をどう経済的に回していくのかを考える話が主流で、著者の得意分野が伺えます。この作品の魅力はキャラクターに個人名がないこと。魔王、勇者、女騎士など作品の中での肩書の名で呼ばれていて非常に独特。アニメとしては詰め込み過ぎた感があったかなという印象。展開が早くて少し理解が追いつきませんでした。「ログホライズン」が好きな方にはおすすめ。

GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(1期2015年7月~2期2016年1月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/20/94/4/20944_1_1.png?1464330603000

GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりのアニメ見放題 | dアニメストア

 自衛隊という単語が入っていて食わず嫌いならぬ見ず嫌いなところがありましたが、異世界ものと知ったので見ることに。そしたら面白いのなんのって。物語は銀座にゲートが開かれるところから始まりますが、このゲートが異世界へと通じている扉。ゲートからは異世界のものたちがやってきますが、それを自衛隊が撃退。そうして自衛隊は自らゲートの向こう側へと調査に行くのですが、自衛隊の圧倒的な戦力で敵を一掃していくところは爽快感があります。魔法がある世界で魔法を使わない敵たちに不自然さを感じないこともないですが、自衛隊が最強であるためには必要なことか。ヒロインたちも一人ひとり個性があって良き。異世界で出会ったヒロインたちが東京にやってくるところは面白かったです。国会でのやりとりは笑ってしまいました。自衛隊がドラゴンを圧倒するところも素晴らしく、まあ実際こんなうまくはいかないだろうと思うけど訓練された自衛隊ならもしくは?と思っちゃうので、自衛隊がよく描かれているのかもしれません。幼女戦記が好きな方はこちらもおすすめしたいです。

アウトブレイク・カンパニー(2013年10月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/21/56/5/21565_1_1.png?1493348403000

アウトブレイク・カンパニーのアニメ見放題 | dアニメストア

 異世界に行って日本のオタク文化を流行らせるアニメ。この「アウトブレイク・カンパニー」にも自衛隊が登場しますが、補佐的なポジションで主人公はオタクで引きこもり。ヒロイン達はメイドや皇帝陛下、そして獣耳絵師など。異世界の文化はよくわかりませんが、異世界オタク文化を広ませていくまでの話は面白い。最終回はオリジナルストーリーなのか知らないけれど無理やりな感じがしました。

問題児たちが異世界から来るそうですよ?(2013年1月~)

https://cs1.anime.dmkt-sp.jp/anime_kv/img/10/99/4/10994_1_1.png?1427216400000

問題児たちが異世界から来るそうですよ?のアニメ見放題 | dアニメストア

 主人公たちは異世界に呼び出される。そして黒うさぎにゲームに誘われる。黒うさぎが所属するコミュニティの名は「ノーネーム」。異世界、ゲーム、ノーネーム。どこかで似たようなキーワードだな? と思っていたのですが、「ノーゲーム・ノーライフ」より先にアニメ化されていて驚き。どちらも魅力あふれる作品であることは変わりなし。「ノーゲーム・ノーライフ」はゲーム色強めで頭脳戦が主でしたが、こちらは戦闘色が強め。主人公なんてそのパワーがどこから来ているのか謎すぎて最後まで結局力が謎でまじ何者なのと思いました。黒うさぎはとても魅力的なキャラクターだと思うのですが、他のキャラクターの色が弱いのか、物足りなさを感じました。

まとめ

 以上13作品の感想をちょろっと書いたわけですが、トップ3ぐらいは決めておこうかなと。まず第3位は「この素晴らしい世界に祝福を!」。何度見ても面白く、作画崩壊にも思える作画なのに魅力的に見えるのがとても不思議でストーリーも進んでいないようできちんと進んでいくのが素晴らしい。キャラクターたちも個性も強く、見ていて飽きないのが良いです。3期なのか映画なのかOVAなのか分かりませんが新作アニメ早く見たいです。第2位は「ナイツ&マジック」。主人公のロボットに対する飽くなき探究心は見ていて楽しいですし、ロボットへの愛情が強すぎてやばい奴に見えるけど、そういうやばさもあのショタの姿によって多少緩和されているのも良い。話のテンポも良く、とにかく主人公のコロコロと変わる表情をぜひ楽しんでほしい。そして第1位は「灰と幻想のグリムガル」。異世界のリアルさをうまく表現している作品。グリムガルという世界の風景もどこか儚い感じがするし、知らない地で生き抜く姿は本当に美しい。もうちょっと話題になってほしかったなと思います。是非気になった方は1話だけでもいいから見てほしいです。

 というわけで、今後も時間があれば異世界アニメを見ていこうと思っています。とりあえず現在放送中の「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」と「オーバーロード」を見ていこうと思っていますが、一挙見したいと思いが強く見られない状況です。ほかにもこんな異世界アニメ、転生アニメがあるよと教えていただければ見たいと思います。できればdアニメで配信されている作品がいいな。。。

 おしまい。

スポンサードリンク