animereal

アニメの話

【2017春アニメ】「月がきれい」12話【感想・レビュー】

f:id:aritsuidai:20170705105816j:plain

月がきれい」12話より

 月がきれい第12話「それから」。小太郎の受験はいかに、そして茜との恋はどうなるといったところで、どう終わるのか期待大で見ましたが、その期待に見事応えてくれる最終回。サブタイの「それから」とはなんだろうと思っていましたが、なるほどなと言える最後で素晴らしい12話でした。

f:id:aritsuidai:20170705102915j:plain

月がきれい」12話より

 OPは無く、小太郎の光明高校不合格通知から始まる。落ち込む小太郎にあんまり気にしないでと思う茜。まだ付き合って半年ちょっとだから本当に悲しいんだろう。小太郎は地元の高校を併願で受験することに。小太郎が落ちたことで不安が募る茜。お姉ちゃんにも「離れ離れだけどどうすんの」「別れちゃえば」といじわなことを言われる。

f:id:aritsuidai:20170705103215j:plain f:id:aritsuidai:20170705103300j:plain f:id:aritsuidai:20170705103506j:plain

月がきれい」12話より

 一方、小太郎は無事に地元の高校を合格。そこには千夏の姿も。千夏も無事合格して小太郎と一緒の高校。片思いのまま過ごしてきた千夏ちゃん。合格発表も終え、小太郎に気持ちを告白する。この時の千夏ちゃんの顔つきはとても素晴らしく思いがこもってた。結局小太郎にフラれてしまうけれど、千夏ちゃんは本当に良い子でしたよ。千夏ちゃんが良い彼氏に恵まれますように。

f:id:aritsuidai:20170705103733j:plain

月がきれい」12話より

 卒業式の翌日。デートをする茜と小太郎だったが、茜は遠距離になることをとても気にしているのに小太郎が大丈夫と不安を口にしないことから、想いが爆発してしまったのか号泣。茜はたくさんの不安を抱えていたのに小太郎の大丈夫大丈夫とよくわからない自信に対しさらに不安が掻き立てられたのだろう。すれ違いのまま引っ越し当日を迎えてしまう。

f:id:aritsuidai:20170705104752j:plain

月がきれい」12話より

 引っ越し当日。そこに小太郎の姿はない。え、このまま別れちゃうの?と少し思ったけれどここで千夏ちゃん、小説投稿サイトに投稿した小太郎の小説を茜に見せるという最高のパス。小太郎は結局茜に会いに行かず祭りの練習に来ていたけれど、小説投稿サイトに投稿した小説にコメントがあることを教えられる。そこには「茜」の名前で「この先はどうなるんですか?」と書き込みがされていた。正直ここら辺の時間軸が微妙にわかってないのだけど、小太郎が小説を投稿したのは卒業式前日ぐらいで、卒業式、卒業式翌日の間に千夏が小太郎の小説を発見。引っ越し当日にそれを見せる。そこで茜はコメントを残して千夏たちと遊びに行く。その間に小太郎は小説の続き「~終章~」を投稿し、祭りの練習へ。茜が電車に乗るころに小説が更新していることに気が付いて読むという流れかな。

f:id:aritsuidai:20170705105533j:plain f:id:aritsuidai:20170705105535j:plain f:id:aritsuidai:20170705105536j:plain

月がきれい」12話より

 茜は電車に乗って小説投稿サイトの更新に気づき、小太郎が書いた小説の「終章」を読む。あまり小説家という個性が作中では活かされないなと思っていたけれど、ラストで素晴らしい演出となり開花されました。電車に乗ってしまった茜、外を見ればそこには小太郎の姿が。という神演出を期待したけど、さすがにそこまで都合はよくなかった。結局最後二人は会わずに終わってしまう。まじかよそこで終わっちゃうの!?と思ったけれどここからがまたよかった。

f:id:aritsuidai:20170705110001j:plain

f:id:aritsuidai:20170705110236j:plain f:id:aritsuidai:20170705110243j:plain f:id:aritsuidai:20170705110253j:plain

月がきれい」12話より

 いつものようにBパートラストでサブタイトルが出される。ここで「それから」が出るってことは後日譚があるのだろうと思っていたけれど、まさか今までのEDに出てきたLINEとともに二人の未来が描かれるとは想いもよらず、最後は見事な幸せの形でおわる。LINEを見事に使った良い恋愛物語で、今だからこそ旬の話でとても楽しく思えたけれど、これが十年後二十年後と立ってLINEが使われなくなった時、LINEというツールを思い出すためにこの「月がきれい」を見直して懐かしさを感じたいと思う。12話まで見てきたけれど、一番好きだったのは第7話「惜しみなく愛は奪う」。あのBパートラストからのサブタイトルの出し方は素晴らしいし、なによりサブタイトルが合いすぎです。

 結局11話12話とCパートがなくて、小太郎と茜以外の恋愛模様はどうなったのかよくわからないのが気になるところですね。みんな別れちゃったのかな。ブルーレイでCパートが少し描かれていればなと思うのだけどどうなんでしょう。とにもかくにも素晴らしい作品。2017春アニメの中で一番でした。

 おしまゐ。