animereal

偏差値35の男がアニメの話をする

【2017春アニメ】「月がきれい」10話本編&Cパート【感想・レビュー】

f:id:aritsuidai:20170621105240j:plain

月がきれい」10話より

 月がきれい第10話「斜陽」。神回だった。

光明

f:id:aritsuidai:20170621105344j:plain

月がきれい」10話より

 光明高校を推薦で受験することになった茜。それを聞いた小太郎は自分も光明高校を受けようかと茜に言う。冗談でもそんなことを言ってくれる小太郎くん優しいぐらいのことを最初は思っていたけどまさか本気で受験する気だったとは。小太郎くんの男らしさを垣間見たけどそれは10話ラストのこと。

f:id:aritsuidai:20170621105558j:plain f:id:aritsuidai:20170621105605j:plain

月がきれい」10話より

 川越祭りでお囃子をしている小太郎とその姿を見て惚れ直す茜。この後茜は陸上部の比良に告白されるわけだけど、千夏は結局小太郎に告白もできずに終わっちゃうのかな。振り回しちゃったのをどこかで自覚してもうおとなしくしていようと思っているのかもしれない。そう思うと今度のトラブルメーカーは比良お前か!と思ってしまい茜の周りは問題引き起こす人しかいねえなと思ってしまう。

 タイミングというのは良い時もあれば悪い時もあるわけで、比良と茜が二人でいるところを"偶然"見てしまう小太郎。それを見て嫉妬をするところはよくあることだけど、そのあとに茜と小太郎が二人で会っている時にうまくこのイラツキを表現できなかったりするところに幼さと内向的な性格を感じる。ここから関係こじれちゃうのかなと思ったけどラストでどうにか戻ってほっこり。まあそのラストを見て失神しかけましたけど。

 恋愛は本当に色んな感情が出てくるのだなと思うのがこの作品。小太郎と茜以外のキャラクターたちの恋愛模様もCパートで描かれるし"感情"は難しいものだなと感じました。

f:id:aritsuidai:20170621110056j:plain f:id:aritsuidai:20170621110103j:plain

月がきれい」10話より

 茜が小太郎の塾に通うことも、小太郎が塾で光明高校の過去問をリクエストするところも見事な伏線でこのラスト。

 小太郎が「本気だから」と言っているところが本当にかっこよくて、中学生だからこそのまだ将来のことは全くわからないけど、でも本気なんだっていう意志が見えて小太郎のイメージがまた変わりました。そして茜からのキス。違うお祭り回でもキスをするシーンはあったけどここでこのアップのキスを描くところがほんとうにずるい。悶え死んでしまう。

 10話の感想ツイートを見ていると今回のお祭りで小太郎が一人で食べていたものは前回のお祭りかなにかで二人一緒に食べていたものというツイートをお見掛けして工夫がたくさん施されているんだなと改めて実感しました。良いアニメは何度も見返したくなるもの。最終回を迎えたら一挙見をしたいですね。

Cパート「さくらと卒アル」

f:id:aritsuidai:20170621110741j:plain

月がきれい」10話より

 小太郎が所属する文芸部の卒アル写真をとることになって文芸部員が勢ぞろいするのですが、こんなに文芸部いたのかという驚きとともにさくらって文芸部だったのかとさらに衝撃。さくらは本当に色恋沙汰なしの妄想女で終わってしまうのだろうか。

 10話ははじめてのすれ違いからの小太郎の「本気だから」そして、茜からのキスと本当にきれいに終わった話でびっくりしました。小太郎も茜も今回のことでさらに成長して二人の絆は深まるばかり。ハッピーエンドにむけてこのまま進んでほしいです。

 おしまゐ。