animereal

アニメの話をするブログです。「京都アニメーション」「足・脚」「色彩」が好き

【2017春アニメ】「つぐもも」9話【感想・レビュー】

f:id:aritsuidai:20170606113730j:plain

つぐもも」9話より

 8話とうってかわってシリアス回。サービスシーンもなくあまそぎという不気味な存在の闇を見せられました。本来この作品はそういう人の願いや闇を題材にしている作品なんだと改めて認識。

f:id:aritsuidai:20170606113921j:plain f:id:aritsuidai:20170606114042j:plain

つぐもも」9話より

  相変わらず特訓をしてもうまくいかないかずや。裾払いとして一人前になるのはいつになるのか。あとまだ桐葉さんは幼女のままなのね。そんな中生徒会長から2年前に亡くなった生徒が幽霊として現れる案件を調査するよう依頼がくる。桐葉さん曰くこの世界には幽霊は存在しないようで、あまそぎである可能性が高いとのこと。かずやと桐葉、そしてちさととおさむは調査を開始するが、そこに一人の生徒が現れる。いかにも重要人物っぽい彼女、実は2年前に亡くなった生徒の妹だそうで、姉と同じ学校に通うのはなかなかの執念。姉がどうして自殺したのか知りたいと願っていた時、姉の髪からあまそぎが現れ、あまそぎを使い真実を追求することにした妹。しかし、あまそぎの願いは違ったようで。

f:id:aritsuidai:20170606114506j:plain f:id:aritsuidai:20170606114516j:plain

つぐもも」9話より

 どうにか髪のあまそぎを撃破するかずやと桐葉。強い敵を倒すことができるようになってかずやも成長したということか。こうして最後には新キャラが出てきて、物語は最終回へと向かっていくわけですね。

 サービスシーンもないし9話感想はこのぐらいで。

 おしまゐ。