animereal

偏差値35の男がアニメの話をする

【2017春アニメ】「つぐもも」8話【感想・レビュー】

f:id:aritsuidai:20170529135708j:plain

つぐもも」8話より

 つぐもも第8話は二本立て。Aパート「ある日の加賀見家」は本当にある日の加賀見家の様子を描いた話。桐葉にテレビを選挙され野球中継を見られないかずやパパの悲しい顔やくくりの手伝う姿が印象的でした。Bパートは「モテモテフレグランス」であまそぎ回。かずやの同級生、四郎がハーレムになれる香水を手に入れる。どうにか事態を収束するが香水をかずやが家に持ち帰ってしまい・・・。Bパートはとにかく最高の一言です。はい。

Aパート

f:id:aritsuidai:20170529140027j:plain f:id:aritsuidai:20170529140042j:plain

つぐもも」8話より

 Aパートの日常回より。桐葉にテレビを奪われて楽しみの野球中継を見られないかずやパパの悲しい後姿。昔からこんな感じだったのだろうかと思うとかずやパパの苦労がやばそうです。その後かずや姉におつかいを頼まれ3人でスーパーにやってくる。桐葉はどうしてもプリンが食べたいようで、プリンのシーンでは桐葉が歌う「プリンのうた」が流れる。これはもしかしてキャラソンなの?くくりは水ようかんに惹かれ最後は桐葉とくくり、大好物のプリンと水ようかんを食してAパート終わり。セリフも必要最小限でチャレンジ精神を感じた回でした。

Bパート

 f:id:aritsuidai:20170529140444j:plain f:id:aritsuidai:20170529140636j:plain

つぐもも」8話より

 8話の本編はBパート。かずやの同級生かずやがとうとうあまそぎの手に堕ちてしまった。モテモテになる香水を自分にかけ女子たちをメロメロにしている四郎。かずやがネタバラシをみんなの前でするものだから、男子諸君は四郎の香水を奪おうと闇堕ち。どうにか四郎を連れ出して解決かと思いきや、四郎が持っていた香水をかずやが浴びてしまう。家に帰るまでに子どもからお年寄りまで反応して追いかけられてしまうかずやでしたが、どうにか家に帰ってきてお風呂に入ることに。お風呂シーンきたきた。

本編

f:id:aritsuidai:20170529140917j:plain f:id:aritsuidai:20170529141006j:plain

つぐもも」8話より

 まずは廊下ですれ違ったお姉ちゃんがお風呂にやってくる。この表情がなかなかに良い。

f:id:aritsuidai:20170529141103j:plain f:id:aritsuidai:20170529141109j:plain

つぐもも」8話より

  その後くくりと黒曜が現れ3人でかずやをご奉仕。桐葉とちさとが助けに来たのかと思いきやすでに香水によって落ちているようでかずや一人に対して五人の女性によるご奉仕。こりゃハーレムだ。 

f:id:aritsuidai:20170529141430j:plain

つぐもも」8話より

 何が三回なんでしょうねえ・・・。サービスシーンというレベルではないシーンで非常に楽しめた第8話。Aパートを耐え忍んで見た甲斐があったというものです。

 おしまゐ。