animereal

アニメの話をするブログです。「京都アニメーション」「足・脚」「色彩」が好き

【京アニ】「小林さんちのメイドラゴン」3話の感想・レビュー

f:id:aritsuidai:20170203185527p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 「小林さんちのメイドラゴン」第3話は、前半は新しいマンションへの引っ越し回に新居の隣人たちの物語。そして最後は友人を呼んでのパーティ。リア充かな?

目次



手狭

f:id:aritsuidai:20170203171243p:plain f:id:aritsuidai:20170203171245p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

  アバンのシーン。小林さんとトール、そしてカンナの3人の暮らしは少し窮屈だなという場面が描かれています。特に寝ている場所は小林さんとトールの二人の時はまだ川の字になっていましたが、カンナが来たことによってトールは丸まって寝なければならず、カンナもトールの尻尾が邪魔で少し首が曲がっています。これでは快眠できなさそう。2枚目は冷蔵庫でものを取るシーン。みんながみんな集まって欲しいものを取ろうとする中、小林さんは狭くなったことを実感。引っ越しを決意するのでした。

マンション見学

 f:id:aritsuidai:20170203171751p:plain f:id:aritsuidai:20170203172128p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 引っ越しをする際、間取りを見ているとわくわくしてくるように、色々な部屋を見ると新生活を妄想して楽しくなってしまいます。小林さんが見学に訪れた物件は3件。画像は1件目と2件目のカット。トールはキッチンを見ていて、やはりメイドとして料理をする場所にはこだわりがあるのでしょうか。カンナは外を眺めていて、少し退屈なのかもしれないですね。

f:id:aritsuidai:20170203172251p:plain f:id:aritsuidai:20170203172253p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

  そして3件目のマンション。トールとカンナは二人とも飽きたのか取っ組み合いしています。このマンションは屋上が共有になっているようで、屋上に出た二人は楽しそうにはしゃいでいます。この姿を見た小林さんはこのマンションに引っ越すことを決定。小林さんもあまりマンションにこだわりがないようで、今いる部屋はどうやって決めたのでしょうね。

掃除

f:id:aritsuidai:20170203172903p:plain f:id:aritsuidai:20170203173014p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

  引っ越し先が決まり部屋の掃除をする3人。カンナもきちんとお手伝いをしているところが健気で可愛いです。掃除中はトールのドラゴン時代の話をしていて、身体が大きいから住処を探すのが大変とのこと。確かにこの大きさのドラゴンが隠れる場所はそうそうない。不衛生でも病気にならないとのことで、あまり気にしていない様子ですが、水浴びぐらいはしたいとトールがぼやいています。その後、トールに部屋の雑さを指摘されて注意される小林さん。そこを「トールが片づけてくれるからついついやっちゃうんだ」と返して喜んでしまうトール。ちょろゴンです。その姿にカンナは「小林悪党」と言っていて、ちゃんと傍で話を聞いているんだなーと思いました。蝶食べてたけど。

荷造り

f:id:aritsuidai:20170203174042p:plain f:id:aritsuidai:20170203174044p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 掃除も終わり次は荷造り。といってもほぼ小林さんのものばかりでトールとカンナはお手伝い。そんな中、小林さんの小さい頃の写真が出てきて眺めるトール。過去の思い出もきちんと保存している小林さん。荷造りをしていると、ついつい懐かしいものが出てきてそれを見ていたら時間が過ぎていたってよくありますよね。小林さんも人のこと言ってついつい漫画を読みふけっています。

メイド服

f:id:aritsuidai:20170203174401p:plain f:id:aritsuidai:20170203174516p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 荷造りで押入れを整理していると小林さんが以前購入したメイド服が出てきます。トールは小林さんに着てとお願いしますが、似合わなかったからもう着ないと拒まれてしまう。しょんぼりしてしまうトールですが、じゃあ私が着ていいですかと小林さんのメイド服を着ることに。このメイド服姿のトールも可愛いですが、私としてはいつもの服装のほうが可愛いですね。胸も強調されますし。トールにとって小林さんのメイド服は胸がきついようで、小林さんが本当にDカップかよと突っ込みを入れています。トールは「ドラゴンの中ではDです」と返していて、ああやっぱりDじゃねーなと。ドラゴンの中ではDということはドラゴンは基本的にお胸が大きいようですね。とするとカンナは・・・?

新居へ

f:id:aritsuidai:20170203175238p:plain 

 そして引っ越し当日。マンションへはタクシーで移動。初めての車のわくわくのカンナがまた可愛い。トールは小林さんが隣にいてうきうきです。新居は3LDKでリビングも以前より広く感じます。

f:id:aritsuidai:20170203175424p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 そしてここがトールとカンナ二人の部屋。トールとカンナのためにベッドも購入したのでしょうか。小林さんイケメンすぎ。トールとカンナの部屋にも段ボールがあるので、これが2人の荷物ということでしょうか。

f:id:aritsuidai:20170203175818p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 1日の終わりはお風呂。小林さんは湯船につかりながら「新生活かー」と初めて一人暮らしした時のことでも思い返していたのでしょうか。それともこんな引っ越しをするなんてなーなんてことを考えているのでしょうか。そんな小林さんのところにトールがお背中流しましょうかとやってきます。トールも少しは脱ぐのかと思いきやそのままなんですね。小林さんが人間のままのほうが身体洗いやすいのではと聞きますが、元はドラゴン、人間の姿は少し窮屈に感じているようです。小林さんの「人間の姿は気に入らない?」と問いかけるシーンは様々な感情がいり混じっているように感じました。どうやってこのシーン終わるのかと思いましたが、カンナが私もお風呂入ると入ってきて、ちょっとほっこりしました。

新生活

f:id:aritsuidai:20170203180517p:plain f:id:aritsuidai:20170203180639p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 引っ越し翌日でしょうか。トールたちの部屋。段ボールの上にリモコンと時計を置いていて、台もないのかと思いつつ、これから二人の部屋がどう変化していくのかちょっとわくわくでもあります。あんまり描かれなさそうだけど。

水浴び

f:id:aritsuidai:20170203180755p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 昨日背中を洗ってくれたお礼に今度は小林さんがトールを洗うことに。いい場面だなと思う反面、ドラゴン見られないのかよと思ったりもする。こう見ると人間の小ささが際立っていて、ドラゴンからこんな小さな人間の姿になっているのだからそりゃ窮屈だよね。角と尻尾は人間の姿になっても維持されていますが、翼はどうして消えるのでしょう。さすがに人間の姿で飛べないようにということだろうか。

日常

f:id:aritsuidai:20170203181316p:plain f:id:aritsuidai:20170203181330p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 新生活といっても仕事場はそのままなわけで疲労困憊の中、無意識で帰宅した結果、前のマンションに帰ってきてしまう小林さん。もう前のマンションは出てこないのかと思ったけれど、ここが最後のカットでしょうか。3話で使い終わってしまうマンションお疲れ様。わりと好きな画だったんだけど、もしかしたら前に住んでたアパートに形が似ているからかもしれないなーと思ったりもする。

隣人

f:id:aritsuidai:20170203182140p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 新しいマンションに引っ越してきた小林さんたちでしたが、隣人と上の階から激しい音が聞こえてきて、二日酔いの小林さんには少々きつい様子。そこでトールが隣人さんに声をかけに行くことに。まずは401号室の笹木部さん。うるさい音の正体は料理。どういった料理をすればあの音を出すことができるのか疑問。でも可愛いから許しちゃう。

f:id:aritsuidai:20170203182143p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 403号室の谷菜さんは自室で音楽をしている。隣から大音量の音楽が聞こえてきたら壁ドンしたくなりますね。年も不明で働いているのか学生なのか。何者なのだろう。

f:id:aritsuidai:20170203182145p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 そして上の階の502号室に住む曽根さん。仕事で木彫りの彫刻をしているようで、いやせめて防音がある部屋でやってくれやと思ったり。小林さんの部屋が空いていた理由はこの騒音が原因なのではと思ったりしますね。マンションの隣人トラブルは面倒なことが多そうです。その後、小林さんがトラブルを解決するよう音を出してほしくない時間帯を把握してスケジュールを作りましょうと提案。隣人トラブルを解決しちゃう小林さんかっけー。

f:id:aritsuidai:20170203183200p:plain f:id:aritsuidai:20170203183203p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 人間は同じ過ちを繰り返すと文句を言うトールに、人間は迷惑をかけあうものだよとなだめる小林さん。「それに静かすぎてもいやだしね」と言っていて、一人暮らしの静けさを思い返しているようです。1人暮らしの頃に比べたら毎日がずいぶんにぎやかになったけれど、小林さんはあまり変わらないですね。そういうところも魅力の一つかな。

寝る場所

f:id:aritsuidai:20170203183718p:plain f:id:aritsuidai:20170203183723p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 気持ちよく寝れる場所を探すカンナ。自室とソファーで寝てみるもちょっと違うようで、最終的にトールに膝枕をしてもらって熟睡しています。まだまだ甘えたい年頃なのでしょう。自室とソファーのカットのカンナの位置が全く同じなのが印象的でした。

ファフニールとルコア

 f:id:aritsuidai:20170203184309p:plain f:id:aritsuidai:20170203184650p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 電話で登場していたファフニールとルコアがようやくお出まし。ファフニールのドラゴン姿は怖すぎるし、殺意に満ち溢れていますが、危害を加えない限りは大丈夫そうなドラゴン。ルコアはとにかく大きい。

パーティ

f:id:aritsuidai:20170203185237p:plain

小林さんちのメイドラゴン 3話より

 お酒も入り賑やかなパーティになっています。少し前の小林さんにとってはありえない光景かもしれません。ルコアやファフニールが今後も登場してくれると嬉しいですね。

 引っ越しもして、ファフニールやルコアとの出会いもあった第3話。小林さんが明るくなっていく姿は良いですね。第4話にも期待です。本記事は以上となります。お読みいただきありがとうございました。

おしまゐ。

関連記事

アニメ「小林さんちのメイドラゴン」ブルーレイ第1巻

 原作コミックス第1巻